2011年12月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:25 Dec 27 2011

李娜選手 あの姚明を超える13社とスポンサー契約へ 

 今年7月までNBAのヒューストン・ロケッツに所属していた中国のカリスマバスケット選手・姚明(ヤオ・ミン)は全盛期時代、計12社とスポンサー契約を結んでいた。一方、今年の全仏オープン女子シングルスで優勝し、一躍有名になった李娜(リー・ナ)選手は今、中国で最も多くの企業とスポンサー契約を結んでいる現役のスポーツ選手になろうとしている。中国紙「文匯報」が報じた

 李選手は17、18日の2日間、出身地の湖北省武漢市で、「LINA AND FRIENDS」と題する国際エキシビションマッチを開催。かつて「男子テニス史上屈指のオールラウンダー」と称された、米国のピート・サンプラスさんやスペインの現役プロテニス選手・カルロス・モヤ・ジョンパール選手、今年のウィンブルドン女子シングルスでベスト4に入ったドイツのザビーネ・リシキ選手など堂々たるメンバーが参加して試合を盛り上げた。また李選手のエコノミックチームは開催期間中、第2段として上海でも同様のエキシビションマッチを計画していることを明らかにしたほか、同選手の今後のビジネス計画を発表し、注目を集めた。

 同計画では、現在すでに公表されている11社のスポンサー企業以外に、中国国内の乳製品企業1社と韓国の電子ブランド1社と契約交渉中であることが明らかにされている。これらの交渉がまとまれば、スポンサー契約を結ぶ企業の数は計13社となり、2004年アテネオリンピック男子110メートルハードルの金メダリスト・劉翔(リュウ・シャン)選手の5社を大きく上回るだけでなく、姚選手の全盛期時代の12社をも超えることになる。注目に値するのは、13の契約が一律、3年契約であることだ。

 このことに関して、李選手のエコノミックチームの王偉中国代表は、「多くの企業は来年のロンドンオリンピックをにらんで、短期間のうちに宣伝効果を勝ち得ようとしている。そのため我々は現在、1年のスポンサー契約は考慮に入れていない。3年契約にすることで、李娜の商品価値を最大限保護したい」と説明。

 一方、「これほど多くのスポンサー契約を結べば、李選手の試合でのプレーに影響が出るのでは」という質問に対して、王代表は、「広告の撮影はすべて終了したので、李娜は来年、試合と練習に集中できる。我々は、常に慎重に物事を進めている。(スポンサー契約は)商業利益に重きを置いているためではなく、長期的な計画の一環に過ぎない」と語った。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年12月27日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古