2011年12月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Dec 28 2011

中国、ネット通販商品が地下鉄で受取可に 世界初の試み

 中国のネット通販大手「京東商城」のユーザーはこのほど、同サイトで料金支払いなどの商品購入手続き完了後、北京の地下鉄5号線や10号線の沿線20駅のコンビニで商品を受け取ることができるようになった。ネット通販大手と地下鉄の提携は世界でも初めて。中国公営ラジオ「中央人民広播電台」(CNR)の北京交通チャンネルが報じた。

 従来のインターネットショッピングは、消費者がまずネット上で商品を購入し、その後商品が家まで配送されるというスタイルだった。しかしペースの速い生活を送る現代人にとって、いつに届くか分からない商品を1日中家で待っているというのは難しくなっている。そこで地下鉄の資源と結び合わせ、市民にさらに便利なサービスを提供しようと今回の提携につながった。北京京投軌道交通資産経営管理有限公司の同プロジェクトの担当者・曽国華氏は「これまで『京東商城』にはキャンパスやコミュニティで荷物を受け取るというよく似たサービスがあった。ただ、数がそれほど多くないため、カバーできるエリアにも限りがあった。一方、地下鉄の駅で商品が受け取れるとなると、カバーできるエリアが断然広くなる。地下鉄の利用客は1日600万-700万人で、今後路線が拡大するにつれ、カバーできるエリアはさらに広がる。各駅の利用者も1日20万人近くに及び、カバー規模はコミュニティやキャンパスなどよりもはるかに大きい。ネット通販大手と地下鉄の提携は世界で初めてで、『京東商城』側から地下鉄のどの駅のコンビニに商品があるかの通知を受け取れば、当日に商品を受け取ることができる」と語った。

 同業務は今月から3カ月間の試営業を経た後、3年の第1期提携が始まる。第1期の提携期間中にまず、営業拠点を50カ所にまで拡大し、その後北京市内にあるすべての地下鉄各路線・駅にまで拡大される計画。

 地下鉄の駅内のコンビニの営業時間は午前7時から午後9時(夏は午後9時半)。利用者は商品の到着通知を受け取ってから3日以内なら、指定のコンビニで商品を受け取ることができる。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年12月28日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古