2012年1月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Jan 05 2012

海外留学の動機トップ 「教育の質の高さ」

 海外に留学する中国人はますます増える一方だが、その背後にある動機は何なのか?留学費用はどれくらいかかるのか?悪質な留学仲介機関や留学詐欺の実態は?人民日報文化版と人民網教育チャンネルはこのほど、海外留学状況調査を共同でスタートさせた。調査に回答したネットユーザは、4日午後9時の時点で449人に達した。人民日報が伝えた。

 調査の結果、海外の質の高い教育水準が、中国人の留学志向に最も大きな影響力を持っているという事実が判明した。また、一部留学仲介機関による詐欺まがいの行為が、留学仲介市場の秩序を乱し、学生の合法的権益を侵害している実態も明らかになった。

 ▽専攻学部、人気トップは商学部

 回答者の大多数は、海外留学の動機となるのは、「海外の大学の先進的な学術レベルと教育の質の高さ(62%)」と答えた。次に、「好ましい人文環境(38%)」が続いた。

 留学先の学校を選ぶ決め手について、「国際的に有名なブランド大学」がトップ(61%)だった。専攻学部は、商学部が最も人気が高く(66%)、続いて工学部(32%)、情報・IT関連学部(24%)だった。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古