2012年1月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:05 Jan 09 2012

一年で1億3,800万元を稼いだ女子テニスの李娜

(資料写真)

 2011年に全豪オープンで準優勝し、全仏オープンで優勝した女子テニスの李娜は、昨年の総賞金額を384万ドルとした。それにより商業的価値も上がり、通年の広告収入は1,800万ドル。総収入は2,200万ドル(1億3,800万元)となった。

 2010年の李娜は中国アスリート長者番付で6位に過ぎず、年収は175万ドルだった。しかし2011年末の女子テニス協会(WTA)の賞金ランキングでは370万ドルで第4位(一位はペトラ・クビトバで514万ドル)にアップし、中国史上、姚明に次いで賞金、広告の高いアスリートとなった。この点だけを見れば、最盛期の劉翔でも成し遂げられなかった業績だ。

 特筆に値するのは、李娜の「成功モデル」はグローバルな見地からも参考になるということである。女王不在が続く女子テニス界では、李娜は決して不動のナンバーワンではない。とはいえ彼女の広告収入は、WTAの2011年賞金ランキングでトップ3に君臨するクビトバ、ウォズニアッキ、アザレンカたちのそれをはるかに凌ぐ。その理由は、李娜が高度成長中である国家の国民だからであり、中国という巨大市場を相手にする国際的ブランドが、このコストパフォーマンスがきわめて高いスーパースターを放っておかなかったからである。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古