2012年1月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:24 Jan 09 2012

「日本で働く看護師」募集説明会、南寧で開催

 NPO「赴日護士(訪日看護師)」による看護師募集説明会が4日、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西医科大学で開催された。日本のNPO(内閣府認証・特定非営利活動法人)の国際看護師育英会が中国連絡オフィスを臨時に設け、条件を満たす広西医科大学の学生に対し、日本で看護師として働くよう誘致活動を行った。人民網が報じた。

 日本は、中国全国の条件を満たす看護師に対し、日本に来て働くよう呼びかけている。中国人看護師の訪日誘致は、中日交流プロジェクトにおける特別な人材交流のひとつで、NPOによる支援と保証を土台に進められている。訪日後、研修(業務と学習が50%ずつ)が1年(最長でも2年以内)行われ、その間に日本語研修や看護師資格試験の受験補習を受け、月給は約7千元支給される。日本の看護師資格を取得した後は、日本各地の正規医療機関で仕事をスタート、日本人看護師と同じ内容の業務をこなし、同額の報酬(月給約2万1千-2万5千元)を得る。契約期間は3年間で、契約期間終了後は、中国に帰国するか、契約を更新して日本で働き続けるかを選ぶことができる。安全確認のため、上海の研修機関は4月末、大学と関連機関を組織し、日本に事前視察に訪れる予定。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年1月9日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古