2012年1月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:51 Jan 16 2012

新生代農民工の7割、「休みはテレビで時間潰し」

 このほど開催された「2012年共産主義青年団・人民代表大会代表・政協委員座談会」において、共産主義青年団貴州省委員会は同省の新生代農民工(1980年代以降に生まれた農村から都市への出稼ぎ労働者)精神文化生活に関する調査結果を発表した。これによると、新世代農民工の7割以上は、自分のプライベート生活は「あまり充実していない」もしくは「極めて単調」と答え、プライベートタイムの過ごし方は、「テレビ観賞」が首位、「昼寝」が第2位だった。

 ▽「テレビと過ごす」孤独な時間

 今回の調査報告によると、新生代農民工の7割以上が、自分のプライベートタイムが「あまり充実していない」もしくは「極めて単調」と答えた。このうち79.12%は、プライベートタイムはテレビ観賞か昼寝をして過ごすとした。「プライベートタイムに学習や研修に参加する」と答えた人はわずか17%、「図書館、文化会館、博物館、記念館などに行く」は5%にも満たなかった。新世代農民工の大多数にとって、精神文化生活といえば「トランプをする」「ネットサーフィンをする」など単純な娯楽活動であり、自ら進んで学習型イベントに参加する人は極めて少ない。

 アンケート調査とフィールド調査の結果、新世代農民工のプライベートタイムの過ごし方として、「テレビ観賞」がトップを占め、第2位以下は順次、「昼寝」「本・新聞を読む」「音楽を聴く」「街で買物をする」「ネットサーフィン」だった。

 プライベート生活に対する満足度調査では、「不満足」は23%、「普通」が53%、「まあまあ満足」は僅か4%。新生代農民工は、学歴が高く、職業に対する期待度が高く、物質・精神的享楽に対する要求が高く、仕事における忍耐力が低いという「三高一低」を特徴とする。従って、精神文化生活に対する彼らの需要はより高く、より強く、より切実だ。回答者の84%は、所属組織の文化・娯楽活動に参加することを望んでいる。しかし、精神文化面での違いから、都市社会との融合度はそれほど高くない。多くの新世代農民工の生活圏は極めて狭く、プライベートタイムに自分を充電するチャンスが少ないため、都市でたびたび孤立状態に陥る。

 また、貴州の新生代農民工が研修トレーニングを通して知識や情報のルートを得る方法は、かなり少ないという事実も明らかになった。調査によると、彼らが知識を得る、あるいは技能を高めるための方法は、インターネットが70%を占め、その他は20%未満だった。このことから、インターネットが知識取得と技術向上のための主要ルートであることが見て取れる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年1月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古