2012年1月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Jan 16 2012

調査:香港の青少年に早熟化の傾向 18歳で失恋30回も

 ある調査によると、香港の青少年に早熟化の傾向が見られており、多くの人が若いうちに初恋を経験し、ほとんどの青少年が恋人との別れを経験していることがわかった。香港・文匯報が伝えた。

 香港キリスト教女子青年会は昨年9月?11月にかけ、恋愛経験がある青少年(12-26歳)202人を対象にアンケートを行った。うち97%は中学生。調査の結果、回答者が恋人と別れた回数は平均4.04回となり、中には18歳以下で30回の別れを経験したという人もいた。別れについて、78.7%が「悲しい」、71.8%が「憂鬱」としたほか、27.7%が「別れた相手を敵視する」と答えた。

 調査結果では、失恋後に起こったこととして、「別れた相手に付きまとわれた(32.2%)」、「リストカットなどの自傷行為を行った(18.3%)」、「SNSサイトで相手を中傷した、または相手に中傷された(29.7%)」、「自殺しようと思った(6.5%)」となっており、別れた現実を受け入れがたく、相手又は自分を傷つける青少年が多いことが分かった。

 青少年が気持ちをうまく整理できなかった場合、マイナスの感情が発生し、成長にも悪影響を及ぼす。別れた原因について、回答者の53.5%は「自分が悪く、相手に捨てられた」、29.2%は「本当の愛なんて2度と信じない」と答えている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古