2012年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Jan 18 2012

中国人の日本に対するイメージ、「嫌中」と「変態」が高得票率

 21世紀の初めの10年間、十数カ国の大国が国際社会を主導し、それぞれの思惑が交錯したが、利益を統合するには遠く及ばなかった。中国の国情は特殊であり、その他の大国と複雑な駆け引きをしている。中国人のこれらの大国に対する印象も、駆け引きの中で徐々に形成された。「環球時報」の運営サイト「環球網」は2011年11月29日、各国に対する第一印象に関する調査を開始した。同調査はネット上で、米国、日本、ロシア、インド、英国等の10大国に対するおおまかな印象を調査し、各国に対して10−30のキーワードを設定した。半月間に渡る投票により、投票数が30万票を超え、同サイトが実施した投票の最高記録を樹立した。

 ◆日本:嫌中、変態

 歴史の流れと現実の衝突を背景に、一部の日本メディアが中国に対する懸念を深めている。これを受け、中国人ネットユーザーの日本に対する第一印象は、「嫌中」が得票率6.9%(計2万2251票)で1位となった。この割合は際立って高かったわけではないが、日本の中国との競争、そして中国の台頭を抑えようとする意図が、中国人ネットユーザーの共感を呼んだ。また日本メディアでしばしば取り上げられる「電車男」、「変態オヤジ」等の卑猥な男性イメージにより、「変態」が6.8%の得票率で、日本に対する第一印象の2位となった。

 戦争の歴史に対する立場は、中日関係の根強い問題となっている。右翼勢力の「軍国主義」に対する称揚、「靖国神社」に対する崇拝などにより、これら2つのキーワードが共に6.3%の得票率に達し、日本に対する第一印象の3位となった。

 投票結果を見ると、中国人ネットユーザーの日本の国民性に対する認識は複雑でもあり、客観的でもある。一方で、日本人の強者に対しては礼儀正しく、弱者に対しては冷酷非情な性格により、「虚偽」が5.5%の得票率で5位となった。厳しい上下関係による「男尊女卑」も、3.4%の得票率に達した。一方で、「勤勉」、「イノベーション」、「環境保護」、「先進的」、「質素倹約」、「礼儀正しい」等の長所も指摘され、3.6−5.0%の得票率に達した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年1月18日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古