2012年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:01 Jan 18 2012

2011年の日本旅行、中国人観光客数の回復が急速

 2012年の春節(旧正月)を目前に控えた17日午後、中国国家観光局の張西龍駐日首席代表、武月中副代表は東京都港区の同局駐日機構で、程永華中国駐日大使、呂克検公使ら一行を迎えた。人民網が報じた。

 張代表は程大使に対して、「2011年に東日本大震災、大津波、放射能汚染が発生し、各国からの観光客数が激減した中、中華圏からの観光客数の回復が最も急速であった。中国人観光客の1人当たりの消費額が最も高く、16万円に達した。2012年は中日国交正常化40周年の年で、記念イベントを予定している。陝西省からはこのほど、約100人の文化芸術団が訪日する。湖南省も78機のチャーター便で、静岡県の観光旅行を計画している。また仙台市の復興を支援するため、中国のパンダが仙台市の動物園に貸与される」と説明した。

 程大使は日本を訪れる中国人観光客の満足度を重視しており、「費用ゼロツアー」(ガイドがツアー客を観光地に連れて行かず、ショッピングにばかり連れて行く現象)等の問題について触れると、張代表は「中国からの日本ツアーは健康的で、むしろ日本の一部の旅行会社による費用ゼロツアーに近い中国旅行があり、当局から日本側に意見を述べた。また日本の多くのホテルでは中国語のテレビ番組が視聴できない、接待設備の老朽化といった問題の改善が待たれる」と回答した。

 張代表は程大使に駐日機構の機能と特徴を説明した。程代表は春節の挨拶を行った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年1月18日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古