2012年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:51 Jan 19 2012

「留守児童」と出稼ぎ父さんの絵本が国際的に注目


一家団欒


お父さん、お帰りなさい。

 カレンダーの日付が年越しに迫ってくるにつれ、マオマオちゃんの生活にもはっきりした変化が表れていた。道の両側の軒先には赤い灯篭がかかり、家の壁には「年年有余(来年はもっとよい年になりますように)」とかかれた飾りが貼ってある。

 この4歳の女の子は中国の南部にある何の変哲もない村で暮らしている。彼女と毎日一緒に暮らしているのはお母さん。お父さんはどこか遠くで「大きなビルを建てて」いて、年越しの時期にだけ家に帰ってくる。

 だから、マオマオちゃんにとって、年越しは他の人よりもっと大きな意味をもつ楽しみだ。お父さんとたった5日間だが一緒にすごせるし、一緒に春節の飾り付けをして、獅子舞を見に行き、“湯円”とよばれる旧正月につきものの白玉団子を作る。幼い心に、自分とお父さんの思い出がひとつひとつ重ねられていく。

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古