2012年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:45 Jan 19 2012

春節除夜の宴、「自宅派」が8割

 豆果網(douguo.com)と旅行専門衛星テレビ・旅遊衛視「美味人生」は12日、「2012年辰年春節飲食消費調査報」を共同で発表した。新京報が報じた。

 報告によると、今年の春節(旧正月)、ホテルやレストランで「「年夜飯(除夜の宴)」の食卓を囲む人の割合が初めて低下、昨年の14.3%から14.1%に下がった。それに対し、「大晦日の夜は自宅で手作りの食事で祝う」という人が増えた。特に、「70後(1970年代生まれ)」と「80後(1980年代生まれ)の「自宅晩さん」派が急増した。ホテルなどで外食するのと自宅での食事では、値段の差がかなり大きく、春節除夜の宴のメインはやはり伝統的なメニューであることなどが、このすう勢の背景にある。今回の調査の対象となったのは、「70後」、「80後」および「50後(1950年代生まれ)」以降に生まれた人々だった。地域別の内訳をみると、一級都市(北京・上海・広州・深セン)住民が15.3%、二級都市住民が28.4%、その他地域住民が56.3%。特に面白いのは、「70後」「80後」で除夜の宴を自宅でとる人の割合が、昨年の56.7%から65.1%に上昇したことだ。この理由として、食品安全問題の影響のほか、「「年夜飯」市場の供給力が高まったことや、多くの人が「家庭回帰」に向かい始め、「おふくろの味」を求めるようになったことが挙げられる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年1月19日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古