2012年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:57 Jan 19 2012

春節:国内・海外旅行とも人気沸騰

 辰年の春節(旧正月)期間、一部の海外旅行先は大ブームになっている。海外旅行に出るための準備にはかなりの時間を要することから、出発1カ月前には万全な準備を整えた人もいる。人民日報が伝えた。

 人気の海外旅行先は、香港・マカオ・台湾地区、太平洋の諸島、日本、韓国、東南アジア諸国。凱撒旅遊の張副総裁によると、同社の販売情況から見て、辰年春節休暇中の海外旅行商品は好調な売れ行きを呈しており、出国者数は前年同期比2割増となる見通しという。 また、「若者層の多くは、香港・マカオ、日本、韓国へのショッピング旅行を好む傾向にある。プーケット、モルジブ、バリ、サイパンなどのリゾート・アイランドも人気が高まっている」と語った。

 国内旅行では、人気の旅行先が今年も好調のようだ。中国青年旅行社(中青旅)社員は、「南方の人が北方へ、あるいは北方の人が南方を訪れて年を越すことが、今のブームになっています。暖かい地域に住む人が北上して雪で遊ぶ、または、寒い地域に住む人が南方で暖をとるというスタイルです」と話した。

 春節期間中、三亜など観光スポット都市のホテル客室価格が高騰している。旅行管理部門は、「旅行社を選ぶ際には、会社の質を念入りに調べ、あまりにも価格の安いツアーを選ぶのは避けた方が賢明だ。同じようなツアーの場合は、よくよく商品を見比べて検討するように」と、旅行者に呼びかけている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年1月19日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古