2012年1月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 Jan 30 2012

中国のネットユーザー 34%が「まずはチャット」

 北京で11日に開催された中国インターネット産業の歳末イベントで発表された「2011年度のネットユーザー行動研究報告」によると、インターネットに接続した際、まず「テンセントQQ」や「 MSN メッセンジャー」などのインスタントメッセンジャー(IM) を利用するネットユーザーの割合が34.1%と最も高く、次に「ポータルサイト」15.9%、「総合リンクサイト」10.1%と続いたことが明らかになった。中国共産党の機関紙「人民日報」が報じた。

 中国インターネット協会ネット応用革新工作委員会の曾明副秘書長によると、今回の報告をまとめるに当たり、中国の109サイトでオンライン調査・研究を実施したのに加え、中国インターネット情報センターが2011年7月に発表したネットユーザーの性?分布や年齢分布の比率をもとに、最終的に1万7419件のサンプルを分析した。(編集KN)

「人民網日本語版」2012年1月30日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古