2012年2月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:33 Feb 07 2012

中国人はいつでもどこでも写真大好き

 終わったばかりの春節(旧正月)連休…手にカメラを持ち、シャッターをカシャカシャ押し、その都度「チーズ」と叫ぶ観光客の様子が、どの行楽地でも見られた。観光地の代表的風景や有名人の記念碑の前では、例外なくシャッターを押す。記念写真を撮ることが大好きな中国人の姿が、「旅行好き」な面に良く現れている。生命時報が伝えた。

 ある人は、「観光スポットの人気度は、写真を撮るために並んでいる中国人の数だけで判断できる」と指摘した。しかし、写真を撮っていてバスに戻る時間に遅れる人、撮影につい夢中になり飲まず食わず状態の人、観光ガイドが制止しても危険な場所で撮影する人など、撮影好きが高じて生じる面倒も少なくない。

 しかし記念写真からは、中国人がより裕福になったことによる微妙な心理的変化も見て取れる。以前は、北京や上海などの大都市へ行くことは、人生の一大事であり、このような重要な歴史的イベントをカメラに収めないことなど考えられなかった。このため、普段は節約に勤しむ庶民は、このような機会が巡ってくれば、財布の紐を締め直し、時間を惜しみつつ写真を撮る。そしてその写真を一生の想い出として、後生大事に懐かしむ。

 また、撮影した記念写真は、我々の財産となり、他の人々と自分の経験を分かち合う大切な道具ともなる。特に、若い頃に多くの苦労を重ねた中高年の人々にとって、自分と同世代の人々と一緒に見て、自分の楽しい経験を皆と分かち合うことは、何にも勝る快楽なのだ。

 しかし、写真を撮るのは、自分の輝かしい功績を振り返り、メンツを誇示するためだという人もいる。「パリのエッフェル塔を見た」「モルジブの海で潜った」…「メンツ重視」のこのような心理から、「撮影の主体はあくまでも人で景色は背景にすぎない」という中国人独特の撮影スタイルが確立された。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古