2012年2月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Feb 08 2012

ホワイトカラー4割、今年30%の昇給希望 中国

 春節(旧正月、今年は1月23日)連休も終わり、また職場に戻ったホワイトカラーたちは今、新たな期待を抱いて新年に望んでいる。中でも、「昇給」がホワイトカラーたちの最も大きな願いだ。中国の大手人材サイト「智聯招聘網」が1カ月かけて在職者8千人余りを対象に実施した調査によると、回答者の4割が今年30%の昇給を希望していることが明らかになった。

 ▽「昨年は楽しい1年だった」2割のみ

 一方、2011年度の総括に関しては、3割以上の回答者が「不満足」と答え自分に対して厳しい評価を下し、「比較的満足」や「満足」と答えた回答者は3割にとどまった。また、4割が「普通」と答え、明確な満足感は示さなかった。

 「不満足」と感じる原因として、5割の回答者が「自分の将来の発展の見込みが不透明」であることを挙げた。これは全体の47.62%を占める割合。2番目に多かったのが「気持ち・意欲」で全体の21.14%と例年より高い割合となった。一方「給与状況」と答えた人は全体の16.95%にとどまっている。

 「不満足」と感じる要因として2番目に多かった「気持ち・意欲」に関して、「楽しかった」と答えた人は26.35%にとどまるなど、多くの在職者にとって2011年はあまりいい年だったと感じていないのが現状のようだ。その理由として、「仕事上のストレス」(22.67%)や「給与が低い」(22.10%)以外に、現代社会特有のストレスも多く見られた。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古