2012年2月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Feb 08 2012

ホワイトカラー4割、今年30%の昇給希望 中国 (2)

 ▽4割、30%昇給望む
  
 「給与状況」に関して「非常に満足」と答えた人は2割にとどまったのに対し、54.8%の人が「昇給がなかった」と答えるなど、2011年度の給与に対する満足度は非常に低い。そのため、すでに始まっている2012年度の給与に対して、多くの在職者が大きな希望を抱いているのは自然なことと言える。データによると、30.67%が「10%‐30%」昇給することを望んでおり、24.19%が「30‐50%以上」の昇給を望んでいる。全体的に見ると、4割の人が30%以上の昇給を望んでいることになり、同数は全体の41.33%を占めている。

 この点に関して、「智聯招聘」のシニアコンサルタントは「給与は確かに、仕事をするうえで、考慮すべき重要な要素であるが、仕事の善し悪しを評価する唯一の基準ではない」と指摘。「給与が自分の仕事内容に見合っていないと感じるなら、自分の仕事内容をもう一度見つめなおし、よく考えをまとめたうえで、良い時を見計らって上司に昇給を求めることができる。長い目で見れば、今の立場でも将来発展の見込みが十分にあるなら、少し我慢し、仕事の能力を一層高めるよう努力してその時を待つことを勧める」としている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年2月8日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古