2012年2月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:32 Feb 09 2012

バレンタイン特需 恋愛運アップ商品が大人気

 バレンタインデーの2月14日をひかえ、インターネットではチョコレートの購入がにわかに増加している。ネット通販大手タオバオによると、ここ1週間のチョコレートの成約件数は790409件、検索回数は1484628回、計99680人が購入した。

 タオバオによると、昨年は成約件数が624502件、購入者は96829人で、今年はそれよりやや増加。購入者の内訳は、男性が36.4%、女性が63.6%だった。この比率は昨年とほぼ同じ。

 ここ最近は、花の配送予約も急増している。調べによると、この1週間の花の成約件数は145615件、検索回数は401793回だった。そのうち、「一生一緒」の意味をもつ11本のバラの花束の成約件数が最も多かった。花は計14078人が購入、購入者の男女比は7:3だった。この比率は昨年と大きく異なった。昨年花を購入した男性は81.23%だったのに対し、女性はわずか18.77%。今年のバレンタインは、女性も積極的になったということだろう。

 また、バレンタインを前に、一人身の男女は焦りを見せている。タオバオによると、「恋愛運アップ」といわれる「ピンク水晶」の売上がここ1週間で激増。検索回数は28000回以上で、前の週より126%増加した。「恋愛運アップ」商品を購入する人は25-34才に集中、また、北京、上海、広州と江浙地域の人が最も多かった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年2月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古