2012年2月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:47 Feb 22 2012

悪性リンパ腫の女性が闘病生活を漫画化 中国のネットで話題に

 


 中国大手掲示板サイト「天涯社区」の掲示板に最近、悪性リンパ腫を患った女性が、自身の闘病生活の様子を、ユーモアを交えたかわいい漫画にして投稿。20日足らずで、アクセス数は60万回近くに達し、コメント数も数千件に及ぶなど、ネット上で話題になっている。その苦しい闘病生活に前向きな態度で立ち向かう姿を描いた漫画は、多くの人を楽しませ、感動を与えている。多くのネットユーザーは投稿者を「がんばりやなお姉さん」と呼び、「イラストを見ているととてもおもしろいけど、涙を誘うシーンもあり、心が痛む」などと書き込んでいる。江蘇省揚州市の夕刊紙「揚子晩報」が報じた。

 同投稿は昨年8月に投稿者が突然気を失って倒れ、病院に運ばれるシーンからスタート。病院で経験したさまざまなエピソードを描いている。その過程は時におもしろおかしく、時に見る人の涙を誘う。それでも、そこには強い意志と楽観的な見方を持ったその女性の気持ちがにじみ出ている。

 同投稿者と連絡を取ることができ、彼女はこれまでにも、自作の漫画作品「熟女育成日記」や「熟女独身日記」、「ダイエット録」などを投稿したことがあり、ネット上で人気を集めていたことが分かった。同投稿者は、浙江省の西南部にある麗水市出身の項瑶さん(30)。病に倒れる前、北京のある広告会社にイラストレーターとして務めていたという項さんは取材に対して、「昨年の8月、朝起きてトイレに行こうとした時に卒倒して病院に運ばれた。その時、悪性リンパ腫・『非ホジキンリンパ腫』を患っていることが分かった」と当時の様子を語り、「倒れたのも不幸中の幸い。もし倒れていなかったら病気を発見できなかった」と語った。さらに、「ステージ1で、完治率も高い」と医師から伝えられたという。すでに退院している項さんは、これまでに抗がん剤治療を7クールにわたって受け、今月の22日から8クールに入る。

 項さんは、「入院中はベッドの上で灰色の天井を眺め、聞こえてくるのも、注射を打つ患者の声や薬を飲む音、さらに体温を測ったり、白血球が増えたとか減ったとか…。とても退屈だった」と苦しい闘病生活を語ったものの、「誰でも落ち込むことがあるが、私は楽天家」「病気は確かに怖いけど、消極的になってはいけない。無力感に浸らずに、強い信念と楽観的な気持ち抱いていれば、必ずトンネルから抜け出せる」とし、そんな気持ちを保つためにイラストを描くことを思いついたという。そして、「春節(旧正月、今年は1月23日)に家に戻っても、寒くて一日中暖房のきいた部屋にこもっていた。その時に入院生活をアニメ化しようと思った」と語った。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年2月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古