2012年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:07 Feb 23 2012

外国人留学生の半数「日本は元気さに欠ける」

 日本に滞在する外国人留学生は、今の日本をどう見ているのだろう?彼らは「日本の元気さ」をどう評価するだろう?日本の調査機関がこのほど、日本の大学・大学院に留学中の外国人学生100人に対し、アンケート調査を行った。日本新華僑報網が21日に報じた。

 「あなたの国にあって日本にはないものは何ですか?」との問いに、回答者の26%が「若者のハングリーさ」、23%が「社会の活力・バイタリティー」と答えた。およそ半数の留学生が「今の日本は元気がない」と感じていることがわかる。

 日本人学生についての質問では、多くの留学生が「日本人学生はやや内向的で、刺激に耐えられない」とした。

 「日本留学を選んだ理由は?」との質問には、「学習・研究環境が整っているから」が40%、「日本文化への興味」が35%を占めた。「日本はかつて経済大国だったから」とした人はわずか5%だった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年2月22日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古