2012年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:07 Feb 23 2012

「元気な日本展示会IN香港」が来月23日に開幕 香港の俳優らも応援

 3月11日に東日本大震災から1年を迎えるのを受け、在香港日本国総領事館(日本外務省)は復興に向け支援を差し伸べた香港に感謝の意を表そうと、3月23‐27日の5日間、九龍湾国際展貿センターで「元気な日本展示会IN香港」を開催する。開催を前に22日、記者会見が開かれ、昨年より日本観光親善大使を務めている香港の俳優・曾志偉(エリック・ツァン) や鄭伊健(イーキン・チェン)、人気モデル・周秀娜(クリッシー・チャウ)らが登場。日本の幸福を願うメッセージを送った。中国国営の通信社「中国新聞社」(電子版)が報じた。

 同領事館の隈丸優次(くままる・ゆうじ)総領事は会見で、「東日本大震災発生後、香港の各界の皆さんが募金活動を行って被災地の復興に協力してくださったことに感動を覚えた」とし、「被災者を代表して香港の方に感謝を述べたい」と語った。来月23日から開催される展示会では、日本の香港でも注目の高いファッション、美容、プロダクトなどを紹介する技術産業ゾーンや最新の観光事情を紹介する観光ゾーンなどが設置され、観光・文化をPR。さらに同イベントの応援団を務める人気アイドルユニット「AKB48」や原宿系人気モデル「きゃりーぱみゅぱみゅ」などのアーティストによる魅力あるライブステージも準備されており、交流のさらなる促進が期待される。

 エリック・ツァンは今月9日にも、日本の安全性と観光をPRする特別番組の撮影のために被災地を訪れており、「被災地の方は強靭な精神力を持っており、自らの力で生活を立て直そうとする姿に感動した」と語った。また、「東北には美しい漁港があったのに、すべての建物が津波に呑まれてしまった。それでも、被災者は『海水に問題がなく、魚などが生きてくれているなら、今後の生活もまた何とかなる』と心の中で言っている」と述べた。さらに「あるホテルの女性社長が震災後半年間、客を取らずに被災者600人を受け入れ、屋上に小学校を設置して被災地の子供たちが授業を受けられるように計らった」と忘れ難いエピソードを紹介。震災後の日本訪問について、「忙しいがとても感動する。取材中に涙が止まらないこともある」とした。

 そして、「日本を訪問して中国人と日本人が互いに気遣いあう気持ちを被災者に届け、行動で被災地の新しい生活を支援しようと」と呼びかけ、日本の観光をPRした。

 一方、遊んだり流行を追うのが大好きというイーキン・チェンは休暇を利用して日本に旅行に行きたいと発言。「初めて貯金ができた時、そのお金で日本へ遊びに行った。もう何年も前のことだけど、思い出は鮮明に残っている」とし、日本の食べ物は新鮮だったと称賛。さらにイノベーションや最先端の科学技術の面で優れており、夢あふれる国とし、「放射能の心配はない」と語った。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年2月23日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古