2012年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Feb 23 2012

南京大虐殺生存者口述史分会、設立へ

 江蘇省社会科学連合会副主席および省歴史学会会長を務める揚州大学副学長の周新国教授は22日、中国侵略日本軍南京大虐殺遇難同胞記念館において、「口述歴史研究に関する若干の問題」と題する学術報告を行った。同報告は、同館2012年「歴史と未来」公益文化大講義の第1回講義となった。報告会では、南京大虐殺の生存者はわずか200人余り、平均年齢は80歳以上と、口述史を記録することが極めて困難な状況になっている現状が明らかになった。中国侵略日本軍南京大虐殺史研究会は、危機に瀕している口述史料問題の解決を図り、口述史分会の設立準備を急いでいる。揚子晩報が伝えた。

 生存者は、中国侵略日本軍による南京大虐殺という史実の「生き証人」だ。しかし、時間の経過に伴い、ここ数年で他界する人が相次いでいる。現在の生存者はわずか200人あまり、平均年齢も80歳を超え、歴史専門家の心配は募る一方だ。これら「生き証人」が口述する証言を収集・保存する逼迫性はますます高まっている。記念館の朱成山館長は、「記念館はこれまでに、生存者による証言の録音、ビデオ、拇印、足跡(銅板路)を収集・保存し、また、生存者の証言集や関連書籍を出版、150件あまりの歴史証人・証言に対する司法検証を実施してきたが、まだまだ不十分だ」と述べた。

 このような状況において、中国侵略日本軍南京大虐殺史研究会口述史分会を設立することは、極めて必要に迫られていた。口述史分会設立後に発足する専門家チームは、国際口述史規範・基準にのっとり、生存者による口述史料の整理を急ぎ進める計画。生存者は、非常に高齢である上、文化的程度も総じてかなり低いが、夏淑琴さんや楊明貞さんのような生存者の口述資料は、極めて大きな価値を備えている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年2月23日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古