2012年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 Feb 27 2012

長期間パソコンを使う仕事は腎臓病になりやすい 最新調査

 寒い冬は、風邪などが原因となり腎臓病が再発しやすい季節で、持病として抱えている人は、冷えないように温かい格好をするなど予防が必要だ。中国で最近実施されたある調査では、腎臓病を発病する人のうち、長期間にわたって、パソコンを使う仕事に携わっている人が16%を占めるということが明らかになり、注目を集めている。中国共産党江蘇省委員会の機関紙「新華日報」が報じた。

 専門家の分析では、パソコンを使う仕事に携わっている人の特徴は▽パソコンに毎日向かって仕事をしている▽長時間パソコンの前に座り、仕事をしている▽運動不足--などの特徴がある。また、収入が比較的安定している中流階級に属し、豊富な知識を有しているものの、▽長期に及ぶ残業▽徹夜の仕事▽不眠--など、仕事上のストレスが大きいことが顕著。専門家は、体を冷やさないことやウイルスが体内に侵入するのを防ぐこと、運動をして強い体をつくること、さらに十分の休息を取ることなどを呼びかけている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年2月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古