2012年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:39 Feb 27 2012

在日外国人で最多を占める在日中国人の詳細明らかに

 苦節数十年、在日中国人はたゆまぬ努力・奮闘を続け、頑張り抜き、少数派だった当初からどんどん成長し、今では在日外国人の中で最多を占めるまでになった。日本新華僑報網が伝えた。

 日本の法務省はこのほど、2010年在日外国人数統計調査報告を発表した。

 調査報告の統計データによると、在日中国人のうち中国国籍者の数が最も多く、総人口は68万7100人を上回った。在日中国人のうち最も多いのは永住権保持者で約16万9400人と、在日中国人全体の24.65%を占めた。次に多かったのは留学生で約13万4400人(19.56%)。

 在日中国人を出身地(原籍)別に見ると、出身者が最も多いのは遼寧省で約10万8700人、第2位は黒龍江省(約7万4900人)、第3位は福建省(約6万4300人)。

 また、年齢層別に見た場合、在日中国人のうち最も多いのは20歳-29歳で29万9800人、全体の43.63%を占めた。これにより、若年層が在日中国人の主流となっている現状がうかがえる。

 男女別でみると、在日中国人女性は40万1100人なのに対し、男性はわずか28万6千人と、女性が男性より11万5100人も多いことが判明した。

 在日中国人が最も多い地域は、引き続き神奈川県横浜市で、人口は3万3500人。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年2月27日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古