2012年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:07 Feb 27 2012

大震災から1年 福島原発、依然悲惨な姿

写真は共同通信社より

 東日本大震災の発生から間もなく1年経とうとしている。東京電力福島第一原子力発電所の飛行禁止空域が半径20キロメートルから3キロメートルに縮小された。共同通信社記者が26日、原発事故現場周辺をヘリコプターで取材、大津波によって壊滅的被害を受けた原子炉建屋や沿岸地域の悲惨な姿を目の当たりにした。中国新聞社のウェブサイト「中新網」が伝えた。

 原発の被害状況を初めて自分の眼で確認した記者は、改めて震撼した。壊れた4号機のがれきの間に、黄色い格納容器の一部が見え、原子炉建屋の鉄骨がむき出しになっている。がれきの山や放射能の影響で、復旧作業は順調に進んでいない模様だ。

 半径3キロの飛行禁止空域に接近しても、放射能測定器の針が大きくぶれることはなく、原発の西北部を回った時に、毎時1.7マイクロシーベルトから2.6マイクロシーベルトの間を小さく振れるにとどまった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年2月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古