2012年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Feb 28 2012

画数最多の漢字は?56画、発音は「biang」

 SNS事業の国内最大手・テンセント(騰訊)「微博」(ミニブログ=中国版ツイッター)でこのほど、「画数の最も多い漢字」が話題を集めている。

 その「漢字」とは、中国で画数が最も多い字で56画(繁体字)、「biang」と発音する。中国教育新聞網や中国教育法刊社などの政府系ミニブログも、テンセントのオリジナルブログを転載している。ネットユーザからは、「見識が広まりました。保存しておきます」といったコメントが多い。なお、「新華字典」や「康煕字典」を紐解いても、この字は掲載されていない。

 西安を訪れたことがある李氏は、陝西方言で「biang(第2声)」と言えば、西安の街頭で売られている地方色豊かな小喫(軽食)「biangbiang」麺があると指摘した。

 鄭州大学の現代中国語専門家・張明奎副教授は、「現地で多くの人が知っており、使用している字は、民間に伝わっている俗字といえる。文字には、『絶対に間違っている』ものなどなく、辞書に掲載されていないからといって、字ではないと判断するのは間違った認識だ。ある地方で人々が使っているのならば、その字には意義がある」との見方を示した。

 西安市無形文化遺産保護センターの王智副主任は、2009年にメディア取材を受けた際に、「この字は、関中平原(西安を中心とする地域)の民間から誕生した極めてユニークな漢字で、発音は唯一無二、あらゆる漢字の中で画数が最も多く、書写するのに最も複雑な字だ。この一字だけで、無形文化遺産への登録申請ができる」とコメントした。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年2月28日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古