2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:59 Feb 29 2012

中国の外国人留学生数、昨年29万人を突破

 中国教育部が28日に発表した情報によると、2011年の中国における外国人留学生数が初めて29万人を超え、29万2611人に達した。これらの留学生は194の国と地域から来ており、中国全土の大学660校、科学研究院(所)、その他の教育機構で留学した。中国における外国人留学生数、出身国と地域の数、留学生受け入れ先の数、中国政府奨学金生の人数は、中華人民共和国設立以降で最多となった。人民日報が報じた。

 2011年の留学生数は前年比2万7521人増(10.38%増)となった。うち中国政府奨学金生の人数は3297人増(14.73%増)の2万5687人に達した。自費留学生の人数は2万4224人増(9.98%増)の26万6924人に達した。

 統計によると、アジア出身の留学生数が最多で、全体の64.21%の18万7871人に達した。欧州出身者は16.15%の4万7271人、米国は11.05%の3万2333人、アフリカは7.09%の2万744人、オセアニア地域は1.50%の4392人となった。留学生数上位10カ国は、韓国、米国、日本、タイ、ベトナム、ロシア、インドネシア、インド、パキスタン、カザフスタンの順となった。

 中国教育部の関係者は、「2020年までに中国全土の外国人留学生数を50万人とし、中国をアジア最大の留学目的国とする」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月29日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古