2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:17 Feb 29 2012

河南省の中学校、男らしい男子と女らしい女子を提唱

 「男子の女性化、女子の男性化」という現象を変えるため、河南省鄭州市の第十八中学は今学期、全校で22名の「力強く勇ましい男子」と22名の「聡明で美しい女子」を選出した。同校はさらに全校生徒に対して、成績の優秀な学生と同様、彼らに学ぶようにと呼びかけている。同校の上述したやり方が、学校の内外で話題となっている。中国新聞網が報じた。

 今や多くの男子が髪を長くしており、性格も控えめで、動きも女の子のようだ。その一方で勝気で豪快な女子が増えている。このような性格の逆転に、保護者が頭を抱えている。同校の教師は、これらの変化は性別に基づいた教育の欠如が原因としている。同校は昨年、「力強く勇ましい男子」の基準(28条)、「聡明で美しい女子」の基準(20条)を定めた。

 同校が定めた「力強く勇ましい男子」の基準は以下の通り。女子を尊重し正しく交流し、無駄口を叩かず悪口を言わない。強い意志で挫折と向き合い、英雄を崇拝し模範的人物を敬う。心理的に健康で落ち着きのある振る舞いをし、正義感に満ちている。生活が健康的で上品な趣味を持ち、礼儀正しい振る舞いを心がけ、奇抜な髪型や服装を避ける。

 「聡明で美しい女子」の基準は以下の通り。自尊心を持ち身を清く保ち、異性との交流で羽目を外さず、品行も学力も優れた淑女を目指す。男子と追いかけっこや罵り合いをせず、勝手気ままな人付き合いを避ける。恥を知り見栄を張らず、品のある振る舞いを心がけ、自立心と競争心を尊ぶ。

 これらの新たな校則を推進するため、同校はクラス別に「力強く勇ましい男子」と「聡明で美しい女子」を1名ずつ(全校で計22名ずつ)選出し、成績の優秀な生徒と共に学校の宣伝板に掲載し、彼らに学ぶよう全校生徒に呼びかけた。

 同校の上述したやり方が、学校の内外で話題となっている。賛成意見の保護者は、「中国では古来より、男女の違いを尊ぶ。男性は女性よりも責任感を持ち、多くのことを担当すべきだ。現代教育は、文化的知識の詰め込みばかりを重視しており、生徒の性格の育成をないがしろにしている。同校のこのやり方は、青春時代を迎えた子供たちに一つの行為規範を提供しており、性格を正しく育成するために役立つ」と述べた。

 反対意見の保護者は、「子供はそれぞれ異なる個性を持っている。学校が統一的な行為基準を推進することは、個人の差をないがしろにしており、子供の個性の発展を阻害する恐れがある。また子供の性格の形成は、社会的環境の総合的な作用によるものである。形式的な方法により子供の言行を過度に束縛するならば、似たり寄ったりのエセ君子ばかりが生まれるだろう」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月29日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古