2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:23 Feb 29 2012

ファミリーマート、4月に成都市進出を予定

サラリーマンを対象とするコンビニ弁当

 日本のコンビニが中国西南地区への進出を加速しており、成都市が激戦地となりつつある。昨日得られた情報によると、ファミリーマートは成都市場進出に向け下準備の最中であり、西南地区の本部が成都の中心地に設立された。また2ヶ所の物流配送センターも土地選定を完了した。新店舗は来月のオープンを予定している。この情報を受け、成都のコンビニ市場が再度盛り上がりを見せている。

 現在までに、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等の日系コンビニが中国市場に進出しているが、その多くが沿岸部に集中している。欧米の小売企業が中国西南地区への進出を加速化しており、成都が海外小売企業の西南地区における激戦地となる。

 ファミリーマートは現在、アジア最大級のコンビニチェーンとなっており、日本、韓国、タイ、米国等に進出している。情報によると、ファミリーマートは台湾で大型店舗を新設し、1000店舗を目指す。中国大陸部では成都等の内陸部の都市に進出し、今年中に1200店舗(昨年の約5割増)を目指す。同社は今年、20億元(約250億円)以上の投資を予定しており、うち7割弱は新店舗の開店に用いられる。

 ファミリーマートは2009年より成都で市場調査を開始している。同社は昨年、成都市場進出に向け人材募集を開始し、新店舗オープンに向け下準備にとりかかった。昨日得られた情報によると、同社は新店舗の設立に必要な登録を完了済みで、来月に新店舗のオープンを予定している。西南地区の本部が成都の中心地に設立され、2ヶ所の物流配送センターも土地選定を完了した。

 ファミリーマート西南地区本部の関係者も、「成都での新店舗オープンに関する事項は、すでに実質的な段階に突入した」と述べたが、具体的な設立場所や店舗数についてはコメントを控えた。しかし新店舗の多くが成都市の中心地でオープンし、中高級住宅区を対象とすることは間違いない。

 ファミリーマートの成都市場開拓の戦略は、「3年に1つの新地域、2年に1つの新都市」だ。成都は西南地区進出の戦略的足がかりであり、成都から西南地区全体に拡張していく。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古