2012年3月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:20 Mar 01 2012

蒼井そら、中国映画に初出演

 中国大陸部のレコード会社大手・竹書文化(竹書娯楽)が200万元(約2500万円)を投じ、日本の人気セクシー女優・蒼井そらの中国映画デビュー作となるショートフィルム「第二夢」を制作した。撮影は東京と上海でひそかに進められており、今月14日のホワイトデーに封切られる予定。中国青年報社「北青網」が伝えた。

 文芸色豊かなこのショートフィルムは、東京と上海を舞台とした作品で、撮影・制作チームは、日中韓三カ国から選り抜きのメンバーで組織された。音楽、愛情、疑惑、タイムスリップなどのエッセンスがちりばめられた映画の内容について、メディアや観衆の注目度は最高に達し、ここ数年で最高レベルのオンラインインタラクティブ・ショートフィルムに仕上がる模様だ。

 ▽蒼井そら中国映画デビュー作、ピュアな初恋を夢想

 アジアの有名映画スター・蒼井そらは、日本で絶大な人気を誇るだけではなく、中国にも多くのファンがいる。彼女の中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」は、24時間でフォロワー数22万人達成という驚異的な記録を打ち立て、現在は1千万人突破が目前に迫っている。中国進出に挑む蒼井そらは、中国語と中国文化の習得に努め、書道や京劇の稽古にも励み、女子テニス界のエース・李娜選手を試合で応援、より多くの中国人ファンの心をつかんだ。各地からのイベント出演依頼は後を絶たないが、多くの人は、彼女がさらに中国での活躍を果たすための今後の路線・計画に注目している。竹書文化のPR担当者によると、彼女の目指す方向は、「映画・テレビ・歌の三本柱で活躍する精純美女」で、目標とするライバルは、「人気」と「実力」を備えた楊冪や楊◆瑩だという。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古