2012年3月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:46 Mar 01 2012

女子大生「男子トイレ占拠」デモ、阻止される 鄭州

マイクロバスで男子トイレ入口を塞ぎ、男子トイレ占拠デモを阻止しようとした公園管理事務所職員

 2月29日、女子大生数名が鄭州人民公園で「男子トイレ」占拠のパフォーマンスを演じようとしたが、公園管理側にあらかじめ連絡していなかったため、阻止された。公園管理事務所は、「彼女らのパフォーマンスに反対するつもりはないが、公園に遊びに来た観光客のプライバシーを守り、彼らがトイレを利用できなくなる事態を避けるために阻止した。何と言っても、公園は公共の場所だ」とコメントした。中国新聞社のウェブサイト「中新網」が伝えた。

 2月29日午前11時ごろ、河南省鄭州人民公園にある公衆トイレで、女子大生が「男子トイレ占拠」パフォーマンスが始まろうとしていた。女子大生らは、このようなデモを通じて、女性が公衆トイレで長蛇の列を作るような事態を改善するつもりだった。しかし、数人の女子大生が、「女性に関心と愛を。まずは便利さから」と書かれたプラカードを掲げて男子トイレの入り口前に立とうとしたところ、鄭州人民公園管理事務所の職員がそれを阻止した。職員のひとりが、女子学生の持っていたプラカードを無理やり取り上げて没収した。押し問答の末、職員は女子大生にプラカードを返したが、別の職員がマイクロバスを運転して男子トイレの前に止め、パフォーマンスを阻止した。

 男子トイレ入り口前に立つことができず、女子大生らは仕方なくトイレの脇でプラカードを掲げた。この時、3人の女子大生が男子トイレに入り、占拠行動に出た。その後しばらくして、3人が男子トイレから出てこようとした時、50歳代と見られる男性がトイレに入り、3人と口論になった。

 パフォーマンスに参加した苗さんは、目に涙を浮かべ、「私達はプラカードを持って公園に入ろうとした時、管理事務所の人に止められました。デモを実行するため、仕方なく、プラカードを公園の壁づたいに園内に入れました。私たちはこのようなパフォーマンスを通して、トイレ難などの女性問題を広く社会に訴え、解決への道を探りたかったのです」と話した。

 数人の女子大生は、阻止されてもなお、男子トイレの脇でプラカードを掲げた。残りの学生は、来園者にビラを配り、女性の「トイレ難」の実情を知ってもらおうとした。参加した女子大生のひとりは、「トイレ難に出くわすことが頻繁にあったので、今回のデモに参加しました。この現実問題をより多くの人に知ってもらい、女子トイレの個室数を増やすよう社会に呼びかけようと思いました」と語った。(編集KM)

>>「男女トイレ便器数の比率、1対1.5以上」立法化へ 広州

>>「女子トイレ増やせ」女学生が男子トイレ占拠 広東

 「人民網日本語版」2012年3月1日

口論する女子大生と公園管理事務所職員
関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古