2012年3月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Mar 06 2012

「メーデー大型連休」復活論が再加熱「賛成」9割

資料写真

 「メーデー大型連休」復活案が、4年ぶりに、今年の全国「両会」(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)で、全国政治協商会議(政協)委員を務める蘇寧電器の張近東董事長から提出された。復活推進派は、メーデー大型連休の復活によって、内需の牽引が期待されると主張。一方、反対派は、国民が休暇を取得する権利は、有給休暇の充実・推進によって実現すべきだという言い分だ。中国経済網が報じた。

 果たして「メーデー大型連休」は復活させるべきか否か?人民網が実施したネットユーザ15万6175人を対象とした関連調査の結果、「メーデー大型連休」復活について、「賛成」が88.9%、「反対」が9.4%だった。この話題は、ネットユーザの熱い論議を引き起こしている。

 中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」のユーザからは、次のような様々な意見が寄せられた。

 ▽賛成派

 「虫2010」さん「個人的には、メーデー大型連休を復活させる代わりに、その他の祝祭日の日数を減らすべきではないと思う。祝祭日の日数を適宜増やし、合理的な需要の拡大を目指すべきだ」

 「@Slack」さん「本音では、有給休暇が増える方がうれしいが、中国では、「大型連休」よりも『労働者の権益保護』の方が大事だ」

 「@深夜にひっそり憂鬱に聴く」さん「こちらが消えるとあちらが伸びる。『メーデー休暇』が長くなると、『国慶節休暇』が少なくなり、またその逆もしかり。両方とも休暇日数が長くなれば、一部の人々の長期旅行が分割されるかもしれない。でなければ、長い方の休暇に皆が旅行に出かけ、観光名所が超満員になることは避けられない!」

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古