2012年3月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Mar 07 2012

互動百科、2月の十大ネット流行語を発表

 中国語版ウィキペディアのサイト「互動百科」が2月29日、ネットユーザの投票、専門家による選出、全ウェブサイト月間検索数などを総合的に判断し、2月の十大ネット流行語を発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 1位 ジェレミー・リン

 米NBAニューヨーク・ニックスに所属する中国系バスケットボール選手。ハーバード大学経済学部卒。1カ月間の神業のようなプレーが「リン旋風」を巻き起こし、大きな話題となり、流行語トップの座に輝いた。米週刊誌「タイム」は、「リン選手の成功は、バスケットボールをこよなく愛する多くの中国の若者達に、自分の選んだ道を決して諦めないようにという励ましを与えた」と評している。

 2位 「活熊取胆」(生きている熊から胆汁を採取する)

 中薬(漢方薬)協会会長による「生きている熊から胆のうを採取することは、熊には苦痛ではない」というコメントは、社会的議論を巻き起こし、動物保護団体・アジア動物基金会から反対の声が上がった。これにより、互動百科の「活熊取胆」に多くの関心が集まり、その残忍なやり方について、ネットユーザから次々と非難の声が集まった。

 3位 「双非児童」(香港で出生した、香港人ではない両親の子供)

 「双非児童」とは、大陸部の妊婦が香港で出産した子供(両親ともに香港人ではない)を指す。小学校教育や幼稚園教育を香港で受けさせようとする動きで、香港の教育システムは重たい負荷にさらされている。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古