2012年3月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:56 Mar 07 2012

増える年の差婚 日本の若い女性が高齢男性に憧れるワケ

 日本の華字紙「日本新華僑報」が5日付で、最近、日本の芸能人の「年の差婚」がブームになりつつあり、フジサンケイグループ傘下の出版社「扶桑社」のあるアンケートでは、回答者の80%が、年の差結婚を「許容できる」と答えたとする記事を掲載した。  

 同アンケートでは、「年の差がある相手のどこに心を引かれるか」という質問に対して多くの女性が、「包容力」や「責任感」を挙げている。その他、父親から愛情を受けずに育った女性が、精神的な必要を満たしてくれる、高齢男性に憧れるというケースもあるようだ。以下は記事の抜粋。

 「年齢は問題ではない。真の愛こそがすべて」。例年にない大雪が各地で降り、厳冬となった今年の日本の気候とは裏腹に、芸能界では、多くの大物芸能人が第二の春を迎えた、熱いロマンスのニュースを最近よく耳にする。例えば、昨年6月、「オペレッタ狸御殿」などで知られる88歳の鈴木清順監督が、48 歳年下の女性と再婚していたことが分かった。また、同月68歳の誕生日を迎えたザ・ドリフターズの加藤茶さんが、46歳下の河原綾菜さん(23)との結婚を表明し、今月2日に挙式した。

 それ以外にも、石田純一さん(56)が、22歳下のプロゴルファー・東尾理子(34)さんと、タレントの小倉優子さん(27)が13歳上の実業家・菊地勲さんと、日本を代表するギタリスト佐橋佳幸(50)さんが、17歳年下の女優の松たか子さんとそれぞれ結婚した。このように、日本の芸能界では「年の差婚」がブームとなっており、結婚後も幸せな生活を送っているその姿に、若い男性からは「日本のかわいい女の子はみんな『おじさん』が好きなのか」とため息がもれている。

 では、日本人は増える「年の差婚」をどのように見ているのだろうか。扶桑社は2010年11月2日に、20歳代の女性5000人、50歳代の男性5019人を対象にインターネット上でアンケートを行った。

 10歳以上の年の差がある男女の「年の差婚」について聞いた同アンケートでは、20歳代女性と50歳代男性の80%以上が「許容範囲」と答えている。また女性の20%は、50歳代男性が結婚対象と「なる」とし、一方の50歳代男性の60%も20歳代女性が結婚対象に「なる」としている。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古