2012年3月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 Mar 08 2012

国際女性デー、海外旅行をプレゼントする企業も 中国

 中国では、3月8日の「国際女性デー」に合わせて女性社員にプレゼントを配る企業が多い。湖北省で不動産サイトを運営する企業で働くある女性は6日、中国の人気チャットソフト「QQ」に開設したグループに、会社から配られた洗髪セットと100元(約1250円)のショッピング券の画像を投稿。「物品だけだった去年よりいい」と冗談っぽくつぶやき、グループ内の女性と「収穫」について語り合った。湖北省のニュースサイト「荊楚新聞網」が報じた。

 ネット掲示板の書き込みを見た限りでは、「半日休暇」のほか、バス用品や料理用品、簡単な家電製品、果物、チョコレートなどを女性社員にプレゼントし、今年の女性デーを祝った企業が数多かったようだ。配られたプレゼントのうち、最も多かったのはシャンプーやトイレットペーパー、ショッピング券など。映画のチケットを配る文化的な企業もあった。

 一方、会食や旅行を企画した企業も少数ながらあるようだ。旅行の日数は2-4日で、旅行先は、省内の自然保護区「神農架林区」や「恩施トゥチャ族ミャオ族自治州」、楚と巴の文化の発祥の地と言われる「宜昌市」のほか、江西省景徳鎮市の郊外にある「瑶里風景区」や湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州に位置する「鳳凰県」などの省外、ひいては国外旅行などさまざま。

 こんな「豪華プレゼント」が数々投稿されていることに対し、男性社員はトーンが上がらない様子。自分は休暇やプレゼントがもらえるわけでもなく、反対に女性社員が休みの間余分な仕事が増え、残業もしなければならないため、ある男性従業員はネット上で、「男女平等じゃないのか。いつになったら男性デーができるのだろう…」とつぶやいている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年3月8日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古