2012年3月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:11 Mar 11 2012

東日本大震災から1年、「新生」を図る日本

 日本の野田佳彦首相は東日本大震災から1年を迎えるにあたり、米メディアに寄稿し、地震、津波、原発事故の三重の災害がもたらした試練を克服し、「新生日本」を建設することを約束した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 野田首相は米紙ワシントン・ポスト(電子版)に「震災から1年、新生日本の建設」と題する原稿を寄せ、過去1年間の被災地の復興、経済の立て直し、福島第1原発事故への対応について説明。「3月11日は日本の集団意識に刻みつけられている」「過去12カ月間に日本は目覚ましい進展を遂げた」と指摘した。

 野田首相は原子力への依存を減らし、新エネルギーの発展に力を入れる方針を表明。「われわれの目標は単に2011年3月11日以前に存在した日本を再建するのではなく、新しい日本を建設することだ」と表明した。

 日本政府は11日午後、東京の国立劇場で追悼式を予定している。地震の発生した日本時間午後2時46分には日本中が犠牲者のために黙とうする。

 1年を経てもなお被災地の放射性物質の危険は取り除かれず、対策が続けられている。放射線量を引き下げるため、作業員は5センチの厚さで土壌表面を削り取っている。住民が元の町に戻れるよう、日本政府は2014年3月までに総額1兆1500億円の拠出を決定した。だが世論調査では、福島第1原発周辺に住んでいた住民のうち、元の町に戻りたいとの回答は40%にとどまっている。また、3分の2近くの住民が政府に完全な除染は期待できないとしている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古