2012年3月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:17 Mar 11 2012

東日本大震災1周年:進まぬ震災復興、あちこちに悲惨な光景

 東日本大震災の被災地、宮城県、福島県、岩手県を1週間かけて車で回り、何とも言えない複雑な気持ちになった。日本は実力の強大な「経済大国」というのが私たちの持っているイメージだ。1995年1月の阪神・淡路大震災からの奇跡のような復興を知っている私たちは、今回も迅速に復興すると信じていた。(文:蒋豊・人民網特約記者)

 日本の大手メディアは東日本大震災から1年を迎えるにあたり特集を組んでいる。彼らがそろって使う言葉が「爪痕」、つまり猛獣の爪が残した痕だ。だが私の目に映った被災地は、依然「見渡す限りの破壊された光景」と形容できるものだ。日本人の間からも、まだ「復興」以前に「復旧」が必要な段階、との意気消沈した声が聞かれる。

 私が見たところ東北3県の被災地では、あちこちに瓦礫の山があり、処理作業はほとんど進んでいなかった。環境省の統計によると震災瓦礫は2253万トンで、現在までにその約7割が臨時堆積場に集められたという。このうち埋め立て、焼却、再利用されたものは5.6%に過ぎない。

 瓦礫処理の完了は2014年3月末になると日本政府は見ている。1回の大地震の瓦礫処理に3年もかかる。世界の地震復興の歴史においても異例と言えよう。この見通しでさえ、事情に詳しい人は「ほぼ不可能だ」と言っている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年3月11日

[1] [2] [3] [4] [5]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古