2012年3月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:25 Mar 13 2012

中国の青年、寝室で毎日23時間の引きこもり生活

 ◆息子が引きこもりに

 長寿県隣豊鎮に住む李中さんは、妻の文淑賢さんと唐家沱の建築現場で働いている。夫妻は数年前、長寿県の城聖天湖小区で2LDKのマンションを購入した。

 李中さんは息子の李文強さんについて、「今は幼少時からすっかり変わってしまいました。幼少時の息子は活発な子供で、腕白でよく叱ったものでした。地元で中学校を卒業すると、息子は李家沱の専門学校で車のメンテナンスを学びましたが、1年余りで興味をなくし、通うのをやめてしまいました」と語った。

 李文強さんは警備員、ネットカフェの管理人、バーテンダーとして務めていたが、どの仕事も長続きしなかった。昨年の下半期より、李文強さんは引きこもりの生活を開始し、一日中自宅で眠るか、携帯電話でゲームをしている。

 文淑賢さんは、「トイレと食事を除き、寝室から一歩も外に出ようとしません。寝室で過ごす時間は毎日23時間を超えます。家に誰もいない場合でも、カップ麺や水等を寝室に持ち込みます。私が注意しなければ、1−2週間は着替えずシャワーを浴びなくても平気です」と語った。

 文淑賢さんは、「一つ屋根の下に生活していますが、息子は両親と交流しようとしません。仕方なく携帯電話のショートメールを送信しますが、返信してくれたことはありません」とやるせない様子だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古