2012年3月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:21 Mar 14 2012

中華料理の名称に正式な英語訳が決定 一部に疑問の声も

 「四喜丸子(肉団子のスープ煮)」が「Four glad meat balls(4つの嬉しいミートボール)」、「木須肉(豚肉・卵・キクラゲの炒め物)」が「Wood mustache meat(木の髭の肉)」、「醉蟹(カニの酒漬け)」が「Drunk crab(酔っ払ったカニ)」--。思わず笑わずにいられないこのような中華料理名の「珍訳」が、まもなく北京から姿を消すかもしれない。市の外事弁公室と市民講外語弁公室はこのほど「中華料理メニュー英訳法」を共同出版し、2158種類の中華料理に正式な「英語名」をつけた。北京日報が報じた。

 ▽中華料理の統一規範に

 国際化が進むにつれ、中国でも英語版メニューや中英2ヶ国語のメニューを出すレストランが増えてきた。しかし、これまでは固定訳がなかったため、中国語をそのまま英語に直訳した「誤訳珍訳」が頻出していた。例えばあるレストランでは「火爆腰花(豚の腎臓の炒め物)」を「Pork flower(豚肉の花)」と訳し、外国人観光客を大いに悩ませた。

 外事弁公室の責任者は「中国の料理名には材料だけでなく、文化や歴史、人名など、多くの意味が込められており、とても独特だ。レストランの英語のメニューはおかしなものばかりで、外国人に理解されないのはもちろん、『チャイニーズイングリッシュ』に慣れた英語教師ですらちんぷんかんぷんだ」と語る。

 出版された「中華料理メニュー英訳法」では、家庭料理から高級料理にいたるまで中国8大料理の主な料理名が、外国人が理解できる英語名に翻訳されている。外事弁公室の責任者は「北京のレストランは、この本に基づきメニューを作成することができる。ただしこれは強制ではない」と語る。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古