2012年3月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:53 Mar 15 2012

日本の暴力団犯罪、なぜ中国人を表看板に?

 日本の中国人グループの拡大に日本社会の各方面が注目している。暴力団もその例外ではない。愛知県警岡崎署は先月、岡崎市稲熊町在住の暴力団幹部大塚英二容疑者らを恐喝の疑いで逮捕したと発表した。大塚容疑者らは、2010年1月、名古屋市北区の風俗店経営者に対し、「お前が買い取った店は、俺たちが中国人の女にやらせていた店だ」などと脅迫。同月から11月までの間に計20回、合計290万円を脅し取った疑いがある。日本の暴力団による犯罪でなぜ中国人を表看板にしたのか?詳しく見ると、日本の中国人グループによる一部の現象を連想しないわけにはいかない。

 まず、在日中国人による高い犯罪率。近年、さまざまなPRや警察側の犯罪撲滅強化により、日本では外国人による犯罪が徐々に減ってきている。今年2月に発表された犯罪統計によると、昨年1年間に摘発した外国人による犯罪件数は前年に比べて12.7%少なく、6年連続で減少した。ただその中で、中国人による犯罪が最も多い。

 次に、在日中国人の希薄な法的意識が挙げられる。日本社会の法制度は整備されている。例えば、日本では知的財産権に対する保護が非常に重視されているが、一部の在日中国人は日本の法律を無視し、中国国内からの郵送やインターネットで大量の偽ブランド商品を購入し、日本で販売することで不当な利益を得ている。

 法的意識が希薄であるため、在日中国人はたやすく法律の「レッドライン」に触れるばかりか、無意識のうちに犯罪の共犯者になる可能性がある。ある中国人研修生は自らの外国人登録証を気軽に友人に貸して一時的にその報酬を得たが、思いがけないことにその友人は、彼らの外国人登録証を使って分割ローンで大量の携帯電話を購入・販売して儲け、多額の借金を彼らに背負わせたという。

 最後に、団結力のない在日中国人。日本では中国人同士が騙し傷つけ合う現象が起きている。これは違法犯罪事件の発生率を高めるだけでなく、中国人グループのイメージを傷つけることになる。(蒋豊)

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年3月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古