2012年3月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:14 Mar 16 2012

香港 労働時間の長さ世界一 様々な問題抱える社員

 スマートフォンが普及し、情報化が進んだ香港では、24時間体制で働いている会社員が3割半に達し、勤務時間外に対応する仕事の電話やメールが、1日に対処できる量を大きく上回っている事がわかった。香港経済日報が報じた。

 あるヒューマン?リソース?コンサルティング会社が従業員405人に対して行った調査によると、1日の労働時間が「9-14時間」とした人は6割に達し、7割が「プライベートタイムにも仕事をしている」と答え、85%が「勤務時間外にも仕事の電話やメールに対応する」と答えた。また、「週7日、1日24時間の勤務体制を求められている」と答えた人は35%、「問い合わせが多く寄せられ、1日に対処できる量を大きく上回り、困っている」とした人は74%だった。

 専門家は「ほとんどの社員は家でもパソコンやスマートフォンで仕事のメールをチェックできる。これにより、いつでもすぐに返信しなければならないというプレッシャーが生まれた。これが長期的に続けば、健康的な仕事・生活スタイルを維持するのは難しくなるだろう」と指摘する。

 香港大学が行った別の調査によると、労働時間が長すぎる場合、社員の集中力が低下するなどの悪影響が出ることがわかった。
同大学が18歳-55歳のホワイトカラー531人に対して行ったアンケートの結果、1日の労働時間が「9-14時間」とした人は61%で、最長連続勤務時間は48時間だった。回答者のうち、「少なくとも週6日は仕事をしている」とした人は32%で、あるメディア関係者に至っては「休みなしで、90日間連続で勤務」したことがあるという。

 「今感じているプレッシャーを10点満点で表すと?」との質問に、7点以上、つまり「プレッシャーが非常に大きく、耐えられない」とした人は38%に上った。

 労働時間が長すぎて、頭の回転が悪くなる、集中できなくなる、起こったことを忘れてしまう、突然自分が何を言っているのかわからなくなる、良く知っているはずの名前を忘れるなどの症状が出た経験を持つ人は74%に上った。また、上記の症状が起こる頻度について、「週に2回ほど」とした人は約3割、最もひどいケースは「週に15回」だった。

 長すぎる労働時間は業績にも大きく影響する。労働時間の超過により「苛立ち、抑うつ、意欲の低下」を感じたとした人は5割以上、「締め切りに間に合わず、残業しなければならなくなった」とした人は約4割に達している。他にも「優柔不断になり判断ミスが増えた、上司・同僚・顧客の不満を招いた、仕事のミスが増えた」などの回答が寄せられた。また、「仕事を始めたばかりの頃よりも、頭の回転・反応スピードが遅くなった」とした人は36%に達した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年3月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古