2012年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Mar 20 2012

GPSを過度に信頼、日本人観光客が車を海に乗り入れる

 3人の日本人観光客が先週、オーストラリアで窮地に陥った。3人はGPSの指示に従い島に向かっていたが、海に500メートル乗り入れ、車が進めなくなるまで前進を続けた。広州日報が報じた。

 3人は東京からの観光客で、先週木曜日、クイーンズランド州のモートン湾から、近くのノースストラドブローク島に向かった。3人は出発前、レンタルしたヒュンダイ車のGPSを利用し、指示に基づき運転した。出発後間もなく、3人は道が泥だらけになってきたことに気づいた。しかし3人はGPSを信頼し、さらに約500メートル前進したところ、車が泥沼にはまり停車を余儀なくされた。さらに満潮が近づき、車が水の中に埋もれたため、3人は車を降り救助を待った。午後3時過ぎ、現地の救助隊が駆けつけ、車を引っ張り出した。海水に浸されていたため、このレンタカーは廃棄処分されることとなった。

 当事者の一人の野田さんは、「GPSの指示通りに進みました。GPSは、私たちを目的地まで導くと繰り返していました」なぜ海の中に乗り入れたのかという疑問に対して、野田さんは「オーストラリアに来てからの数日間はずっと雨で、ぬかるんだ路面は雨のためだと思い、海に入ったとは気づきませんでした」と答えた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古