2012年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Mar 20 2012

北京 1人あたりクレジットカード保有枚数は1.3枚

 中国人民銀行(中央銀行)が19日に発表した2011年の決済システム運行に関する報告によると、昨年末の時点で全国の銀行カード累計発行枚数は29億4900万枚、うちクレジットカードは2億8500万枚に達した。1人あたりの銀行カード保有枚数は2.2枚、クレジットカード保有枚数は0.21枚となった。うち、北京、上海のクレジットカード保有枚数はそれぞれ1.3枚、1.05枚で、全国平均を上回った。新京報が報じた。

 中国の銀行カード産業は急成長を遂げている。中国人民銀行のデータによると、昨年末の時点で銀行カードの累計発行枚数は前年比22.1%増の29億4900万枚に達し、増加率は前年同期を5.2ポイント上回った。

 銀行カードの主力は依然としてデビットカードだ。昨年末の時点で、デビットカードの累計発行枚数は前年比21.9%増の26億6400万枚、クレジットカードの累計発行枚数は同24.3%増の2億8500万枚となった。

 全国の1人あたり銀行カード保有枚数は2.2枚、クレジットカード保有枚数は0.21枚でそれぞれ前年比21.5%増、23.5%増となった。

 昨年、クレジットカードの不良債権額は前年比43.5%増の33億4200万元に達した。不良債権率は金融危機勃発後の3%以上から徐々に下降し、昨年第4四半期には前年同期比0.3ポイント減の1.4%にまで下がった。銀行は返済期限を半年以上超過した貸付残高を不良債権と規定している。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年3月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古