2012年3月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Mar 26 2012

中国の都市流入人口2億人 険しい社会保障問題の壁

 中国の都市化率は50%を上回ったが、都市に住む流動人口2億人の定住問題解決への道は険しい。目覚ましい勢いで進む都市化は、どんな後遺症を残したのか?農村から都市部に出て働く2億人の農民工は、いかにして都市生活に溶け込むのか? 中国のニュースサイト「中広網」が伝えた。

 中央農村工作指導者チームの陳錫文・副主任は25日、「2012年中国都市化高層国際フォーラム」において、「ローコスト要素の投入を前提に中国の都市化率が急上昇していることで、インフラ・公共事業の不足が顕在化している、一部の人々に対する社会保障が行き届いていない、公共サービス力が都市の拡大に追いついていない、などの問題が生じている。これらの状況を改善しない限り、現行の中国都市化モデルは持続不可能となる」と指摘した。

 統計によると、中国の都市化は2011年末時点で51.3%に達し、都市人口が農村人口を上回ったことになる。しかし、上海市の楊雄・常務副市長は、「都市人口の急増は、都市の運営や公共サービスに圧力をもたらすだけではなく、新たな二元化構造も形成した」と語った。

 楊常務副市長は、「上海の居住人口は2300万人、このうち戸籍人口1400万人あまりだ。流入人口と戸籍人口とをどのように融合させるかは、我々に突き付けられた新たな課題となっている」との見方を示した。

 陳副主任は、「中国では現在、都市に住む3人に一人は定住に関する問題を抱えており、流動人口約2億人の都市戸籍取得に関する問題の解決に迫られている」と語った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古