2012年3月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Mar 26 2012

被災3県訪問の中国人観光客に数次ビザ検討

 北京を訪問中の民主党の輿石東(こしいしあずま)幹事長は24日午前、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県を訪問する中国人観光客に、有効期間内なら何回でも日本に入国できる数次査証(マルチビザ)の発給を検討していることを明らかにした。有効期間や使用権限など具体的な内容に関しては今後、さらに話し合われる見込み。日本の華字紙「日本新華僑報」(電子版)が報じた。

 同種類のマルチビザは昨年7月、沖縄で導入が実現しており、中国は他の国に先立ってこの政策の対象となった。ビザ発行の緩和を背景に、沖縄を訪れる中国人観光客も順調に増加し、日本の他の都市からも中国人観光区客呼び込みのため、同マルチビザの導入を求める声が上がっていた。

 日本政府が今回、マルチビザに関する政策緩和を検討しているのは、東北地方の中でも被害が特に深刻だった3県の観光回復を早期実現することで、復興を促進するのがねらい。輿石幹事長は、「旅行者であっても、ビジネス目的であっても、日本を訪問する中国人に日本人が今、復興のために努力していることを肌で感じてもらいたい」と語った。(編集KN)

「人民網日本語版」 2012年3月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古