2012年3月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:24 Mar 26 2012

温州市と台湾の直行便開通 日帰り旅行も可能に (2)

 一方、温州市の陳金彪市長によると、2つの空港間の距離は660キロで、温州と台湾の第2位の取扱量を誇る港湾・「基隆港」間に至ってはわずか約260キロという地の利から、温州市は長江デルタと「台湾海峡西岸経済区」間の中心都市となっている。

 海を隔てて向かい合う温州市と台湾は、生活や言葉の習慣なども似ており、今では台湾に温州市の戸籍を持つ人が約20万人、一方の温州市に台湾の戸籍を持つ人が約26万5千人と、長期にわたり深い民間の交流がなされてきた。さらに台湾が昨年、中国大陸部の個人観光客受け入れを開始したのに伴い、温州市から台湾に向かう観光客はさらに増加した。

 両地の直行便開通を受け、温州市の税関は、義鳥市の税関と協力し通関プラットホームを構築。義鳥市で受け付け通関手続きが行われたコンテナの輸送を、温州市の税関が同プラットホームを通じて監督・管理する。コンテナー1本当たり350元(約4400円)ほどの経費節減につながるという。(編集KN)

「人民網日本語版」 2012年3月26日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古