2012年3月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:17 Mar 27 2012

ハリウッド映画の興行収入 中国が今年にも日本抜く見込み

 映画産業の中心地・米ハリウッドが1年に1度公表する映画の世界興行収入記録がこのほど発表された。米国の業界関係者は中国が2012年、興行成績ランキングで日本を抜くと予測している。福建省の地方紙「東南快報」が27日付で報じた。

 北米の映画市場が全体的に振るわなかったことを背景に、ハリウッド映画の米国本土での興行成績は急降下したものの、海外での成長が著しく、全体の興行収入は3%増の326億ドル(約2兆7千億円)を記録した。うち、海外の興行収入総額が7%増の224億ドル(約1兆8500億円)と新記録を打ち立て、ハリウッド映画の海外依存が浮き彫りになる形となっている。

 米国映画協会(AFI)の興行収入統計の分析では、北米でのハリウッド映画の興行収入は昨年、前年比4%減の102億ドル(約8400億円)と、ここ5年でもっとも大きな低下を記録した。一方の海外での興行収入は総興行収入326億ドルの69%に当たる220億ドルを突破、北米と海外の興行収入がほぼ同じ比率だったこれまでの構図を打ち破った。

 AFIのクリス・トッド会長によると2011年、中国の映画興行収入総額は、初めて英国、インドを超え20億ドル(約1600億円)に達し、米国と日本に継ぐ世界第3位の映画市場に成長。中国の映画市場の年間記録を更新しただけでなく、日本とわずか3億ドル(約250億円)差と僅差に迫った。

 米国映画館経営者協会のヨハネ会長の分析によると2011年、東日本大震災やそれに伴って発生した福島第一原発の事故が日本の映画市場に大きく影響。一方の飛ぶ鳥をも落とす勢いの中国市場は2012年、ハリウッド映画の年間興行収入が30億ドルに達する可能性が高く、日本は世界第2位の地位を保つのが難しい情勢になっている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年3月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古