2012年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:08 Mar 31 2012

武漢大、桜祭りで混雑 同大生「ここは公園ではない!」

 武漢大学で年に一度開催される桜祭りの季節、中国各地から多くの花見客が大学構内に押し寄せる。武漢大学の学生は「世界で最も遠いのは教室に行くときに通る桜花大通りの向こう側!遠い・・・遠すぎる!」とネット上で抑えきれない不満を爆発させた。また、桜祭りについてのつぶやきも続々と登場、学生達はさまざまな方法によって、「ここは大学だ!公園ではない!」と声を大にして訴えた。中国紙、新聞晨報が伝えた。
 
 武漢大学名物の桜並木は学生達の誇りだが、この素晴らしい桜を愛でる年に一度の桜祭りが、学生にとって大きな問題になっている。昨年の桜祭り初日、大学構内には30万人もの花見客が押し寄せた。彼らは、桜花大通りをびっしりと埋め尽くし、学生の教室移動にも支障を来たした。

 キャンパス構内が混み合い、学生の通行の妨げとなるほか、騒がしい花見客も静かな環境を台なしにする。桜祭りの開催中は、仕方なく近くの大学に行って自習する武漢大生もいるようだ。

 一方、武漢大が普段の静けさを取り戻すことを望む書き込みも、ネットで盛んに転送された。この書き込みには、桜祭り開催中の武漢大生のよもやま話、笑い話、如何ともしがたい辛い話が集められた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年3月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古