2012年4月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:22 Apr 03 2012

1980年代生まれの美女墓守隊

 河南省洛陽市孟津県朝陽鎮の朝陽霊園には、1980年代生まれの美女9人からなる墓守隊がある。彼女らの前職は通信会社のカスタマーサービス、看護士、教師など様々。最短で2年、最長で9年墓守をしている。「新京報」が伝えた。

 彼女らは、ほとんどの職員が退勤する午後6時に濃紺の制服に着替え、懐中電灯やサーチライトをつけて、数千人の遺骨が安置されている山の見回りを開始する。「墓守」と呼ばれる彼女らの仕事は、火事を防ぐための見回り、霊園内の整頓、夜間の墓参者への対応などだ。毎晩3人一組で、数時間おきに見回りをする。緊急事態に遭遇した場合は、山の下にいる男性警備員に無線で助けを求めることができる。

 女性墓守の募集は、霊園管理事務所のトウブン副所長のアイディア。募集当初は仕事の特殊性を考慮し、家族に仕事内容を説明して同意を得ることを応募条件とした。このような仕事なので、家族に反対されることも多いからだ。隊員は他の人には説明するのが面倒なので、墓守であることを明かさず、セールス、民政局、フリーランスなどと偽っている。さもないと、まるで変わり者に会ったかのようにじろじろ見られ、あれこれ質問されてしまうのだ。

 「洛陽の牡丹は天下一」と昔から言われる。だが彼女らは山すそに咲く白玉蘭の方が好きだ。葉もなく木全体に純白の花を咲かせる。長く霊園で働いていると気持ちが穏やかになり、山すそに咲く玉蘭の花のように、つまらないこだわりがなくなり、純粋になるのだと言う。(編集NA)

*トウは登におおざと、ブンは雨冠に文

「人民網日本語版」2012年4月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古