2012年4月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:45 Apr 05 2012

食品大手 塩分や糖分が表示を大きく上回る

 インド紙「エコノミック・タイムズ」の報道によると、インド科学環境センター(CSE)は、マクドナルド、ケンタッキー、ペプシコーラ、ネスカフェ等の有名ブランドの製品に対して、検査を実施した。法制晩報が報じた。

 検査結果によると、これらの人気の高い「ジャンクフード」には、大量のトランス脂肪酸、食塩、糖分が含まれており、企業側の宣伝による含有量を大幅に上回っているという。消費者の健康に悪影響をもたらすと同時に、誤解を招いていると指摘された。

 報道によると、フライドポテトとハンバーガーを1人分摂取するだけで、1日に必要とされる脂肪を摂取することになり、食塩と糖分も1日の上限値にほぼ達する。これらの食品は、肥満や糖尿病等の原因となる。

 マクドナルド米国本社の広報担当者は本誌の取材に対し、「当社はインドと中国で、トランス脂肪酸を含まないパームオイルを使用している。同検査結果の信ぴょう性は低い」とコメントした。

 マクドナルドは現在、自社による検査結果と完全に異なっているため、上記検査を注視している。ペプシコーラの広報担当者も、上記結果を否定した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年4月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古