2012年4月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:48 Apr 06 2012

外国産粉ミルク価格、各社が値上げを表明

 外国産粉ミルク価格が高騰している。ミード・ジョンソンとネスカフェの大手2社は今月より、粉ミルク価格を引き上げる構えだ。ミード・ジョンソンは13%、ネスカフェは10%の調整を予定している。昨年末より、アボット・ラボラトリーズとワイスは、包装の変更もしくは直接的な値上げにより、粉ミルク価格を約10%切り上げた。中国広播網が報じた。

 ネスカフェ中国区の広報担当者の何彤氏は、「4月に約5%引き上げる」と表明し、その理由について、「原材料価格および人件費の高騰が原因」と語った。

 また一部の外国メーカーは、粉ミルク価格引き上げの理由を、関税のためとしている。今年3月1日より、ニュージーランド産粉ミルクの関税が5.8%から10%に戻された。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年4月6日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古